不妊治療や色々な女性の不安解決法~幸せな生活を実現しYO!~

不妊治療は積極的に

幸せな家庭を作っていくには、子供を妊娠するということは自然なことです。しかし中には不妊に悩んでいる女性も多いでしょう。不妊治療を積極的に行なっていくようにしましょう。

詳細を確認する

不妊に悩む人は多い

現代では非常に一般的なものとなった不妊治療ですが、反対に現代はその分だけ不妊に悩む人が多くなってきていると言えます。不規則になりがちな現代の生活習慣などの影響によって不妊は進行するのです。

詳細を確認する

不妊治療を行う

不妊治療はどんどん受ける人が増えて来ています。晩婚化に伴い不妊に悩む人が増えて生きているので、現在多くの人が治療を受けています。様々な原因があるので、家族で向き合っていくことが大切です。

詳細を確認する

不妊の原因を知ろう

産婦人科を大阪で探す時は是非こちらを参考にしましょう!自分らしく出産出来るクリニックを見つけられますよ。

まずは検査して原因を

不妊の原因で女性に多いのは排卵障害です。排卵が正常におこなわれないことでおこる不妊症で、その原因はさまざまですが、ストレスや急なダイエットによって月経不順を起こし不妊症になることもあります。また卵管が原因となる不妊症も多く、これは卵管が詰まったり、その周りがくっついたりすることで、卵子が正常に取り込まれないことで起こります。 一方男性は大きく二つあり、一つは性機能障害で、性行為自体ができなくなったり、射精がうまく機能しないことで起こります。もう一つは無精子症など造精機能が働かないことで起こるものがあります。 治療はそれぞれに応じたものをおこなう必要があるので、まずは検査をしてその原因を突き止めなくてはなりません。

保険が適用されるものと助成金制度

検査費用は女性は保険適用のものとそうでないものがありますが、いずれにせよ男女ともに単価は数千円から高くても1万円を超すことはありません。 不妊治療は基本的に段階をもっておこなわれますが、初期におこなうタイミング法は家庭でもできることなので、適切におこなったことが確認できたなら、次のステップから始めることもできます。 精子を直接子宮内に送り込む人工授精からは原則保険適用はありません。費用は病院によって幅があり、高くても2万円前後ですが、回数をおこないますのでそれを乗じた費用となります。 最終ステップとして体外授精がおこなわれますが、費用は一気に高額となります。ただし一定の条件がありますが助成金がもらえます。しかし2016年度からは年齢制限ができ、42歳までとなります。